会長  福住 亮雄

    『まず行動、そして誇りを持とう!』


 川崎高津ロータリークラブが25周年を迎える記念すべき今年度に、会長を仰せつかった事を大変名誉に思っております。
 会員がロータリアンとして50年を過ごす事は、あまり無いと思います。その事からしても、25周年は大変大きな区切りの一つだと思います。25周年記念例会を成功させる事は、会長としてもっとも大きな事業の一つと思っております。
 歴代の会長、一人一人の会員が築いてきた25年を、さらに次の未来へ繋いでいかなくてはなりません。今年度国際ロータリークラブのテーマは「ロータリーの未来はあなたの手の中に」です。今年度の我クラブにぴったりくるテーマだと思います。ロータリーが何かをしてくれると受身なのではなく、会員一人一人が小さくても行動し、ロータリーの未来を実感できる1年にしたいと思います。

 周りを取り巻く状況は決していいとは言えません。100年に一度と言われる経済状況。会員数の減少。経済状況から見ても新会員を増やす事は簡単な事ではないと思います。しかし、言い訳ばかりしていても、状況は一つもよくはなりません。行動を起こすことからはじめていきましょう。

 ロータリーアンの誇りを持って、行動する。
 今の行動が未来に繋がると思い、行動する。

 私は学生時代にロータリーの会合に招待される機会があり、その時、ロータリアンの誇りを見ました。いつか自分も仲間になれるよう成長したいと願いました。今、幸運にも仲間になり、会長として節目の年度を迎えています。
 外側からクラブを見た時に、是非仲間に入りたい。そう感じるクラブにしていきたいと思います。

 そのためには会員一人一人の協力が欠かせません。一年間、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

     (2009年〜2010年度 川崎高津ロータリークラブ クラブ活動計画書より)